先輩インタビュー

専門学校北海道自動車整備大学校卒業
2017年入社 北店 サービスグループ
エンジニア 本多 祐貴

基本を重視した研修が魅力

エンジニアとして常に心がけているのは、ドアの開け閉めなどの細かいことでも徹底して丁寧に扱うことです。 お客さまの車をお預かりしているという意識を持って仕事をすることがとても大切だと思っています。 もちろん入社してすぐにそれができたわけではありません。 入社後の新入社員研修で学んだことが、いま生きていると思います。 札幌トヨペットの新入社員研修では、技術的なことはもちろん、ビジネスマナーから車の取り扱いに至るまで基盤となる内容を指導してくれます。 また店舗実習もあり、実務に直結した内容を学ぶことができたので、店舗配属後も安心して働くことができています。

人としても後輩の目標となれるエンジニアに

将来は僕のようなエンジニアになりたいと思ってもらえるような、後輩の目標となる存在になりたいです。 僕にも尊敬できる先輩がいるのですが、その先輩は知識や技術はもちろん、人柄も素晴らしいです。 僕はまだ入社1年目で知識も技術もありませんが、店舗配属した頃にはできなかったことが、少しずつできるようになってきましたし、先輩からも仕事を任せてもらえるようになってきました。 これからも知識や技術を磨きつつ、人柄にも磨きをかけて、いつか後輩から「本多さんみたいになりたい!」と言われる先輩になりたいですね。

北海学園大学卒業
2017年入社 月寒店 営業グループ
営業 大山 裕里加

真正面から就活生と向き合う姿勢に惹かれました

就職活動は営業職に絞って行っていました。 最初は自動車以外の仕事も視野に就職活動をしていたのですが、人と接する仕事がしたくて、お客さまと長期的な関係が築ける自動車業界に魅力を感じるようになりました。 札幌トヨペットと他社との違いは就活生との接し方。どんな時も就活生と真正面から向き合い、会社のことを丁寧に説明してくれる姿勢は他社には無いものでした。
入社後も「職場先輩制度」があり、店舗配属から1年間、担当の先輩がわからないことを丁寧に教えてくれますので、安心して働くことができています。 先輩方はとても気さくで、面白い人ばかり。仕事の話だけでなくプライベートの話や趣味のことなど、毎日いろいろな話をしています。

おとなしい性格。それを強みに

「営業スタッフ」=「話し上手」というイメージが強いかもしれません。しかし私は決して話し上手ではありませんし、むしろおとなしい性格で控えめなタイプです。 ですから私はお客さまの話をよく聴くこと、そしてお客さまのことをよく知ることに力を入れています。 車はお客さまによって使い方も好みも違います。お客さまのことをよく知らなければ良い車を選ぶことはできません。 車選びに必要な情報を収集し、お客さまに最適な車を選んで提案することが私の仕事ですし、おとなしい私だからこそできることだと思っています。

北海道科学大学短期大学部卒業
2017年入社 札幌店 サービスグループ
エンジニア 仁岸 丈育

イキイキ働く社員の姿。その仲間になりたい

札幌トヨペットを初めて訪れたのは、就職活動中の会社見学会でした。 月寒店のショールームやテクノショップを見学し、広くて明るく清潔な環境に驚きました。中でも一番印象的だったのはエンジニアの先輩たちの表情。 コミュニケーションを取りながら時には真剣に、時には笑いあい、明るい表情で仕事をしている姿が印象的でした。 そのとき僕の中に、自分が札幌トヨペットのテクノショップで働くイメージがハッキリと見え、僕もここで働きたい!と思い、入社を決めました。

先輩と同期。仲間がいるから仕事が楽しい

半年前に入社し、少しずつ作業を任せてもらえるようになってきました。とはいえ、まだまだ分からないことばかりです。それでも毎日楽しく仕事ができているのは「職場先輩制度」のおかげだと思います。 これは1年間、担当の先輩が指導してくれる制度で、エンジニアだけでなくどの職種にもあります。 もちろん自分で考えて仕事をすることが大切ですが、わからないことは先輩が丁寧に教えてくれるので安心して仕事をすることができます。
同期の仲がいいのも札幌トヨペットの特徴です。僕もよく同期と食事や温泉に行ったりします。同期と遊ぶと本当に楽しいですしリフレッシュできますね。 同期がそれぞれの店舗で頑張っている話を聞くと「自分も頑張らなきゃ!」と思います。モチベーションを上げるきっかけになることも多いですし、疲れも吹っ飛びますね。

札幌科学技術専門学校卒業
2015年入社 レクサス月寒 サービスグループ
エンジニア 今村 賢太

整備士としてやることは同じ

入社3年目にレクサス月寒に異動になりました。レクサスブランドの車を整備できる嬉しさと同時に、自分に高級車を整備できるのだろうか、というプレッシャーも感じていました。 レクサスに異動してきて感じたことは、エンジニアとして、やることは同じだということ。どんな車であっても、お客さまの車を整備することに変わりはありません。 とはいえ、レクサスだからこそ学べることも多くあります。ここは、これまで自分が身に付けてきた知識や技術を活かして仕事をしながら、最先端の知識を学んでいける環境だと感じています。

失敗があったからこそ今の自分がある

就活生の皆さんにお伝えしたいのは、失敗を恐れないでほしいということです。僕は入社1年目の頃、よく失敗をしていました。 知識も技術もまだまだ未熟でしたから、自分でリカバリーすることもできませんでした。 そんな時、助けてくれたのが先輩方です。先輩方も自分の仕事を抱えて忙しいにも関わらず、いつも僕を助けてくれました。もちろん、叱られたり、多少の文句を言われたりもしましたが、今となっては笑い話です。 けれど、あの時きちんと叱ってくれた先輩方がいたからこそ、自分は成長しなければダメだと思えました。 失敗と向き合い、技術を磨く決意をすることができました。あの時の失敗があったからこそ今の自分がある、僕はそう思っています。

北海学園大学卒業
2016年入社 恵庭店 営業グループ
営業 鷲見 拓哉

バスケットボールが繋いだお客さまとの絆

「バスケットボールやってなかった?」僕の名刺を見たお客さまから言われた言葉。5年前の試合をたまたま見ていて、しかも名前を憶えていたそうです。 車の話をしましたが、他メーカーの車に乗っていて状態も良く買い替える気はないとのことでした。 いつも店長から「車を売る前に、お客さまとの関係を作りなさい」と言われていたので、無理に車の話はせず、お客さまとの関係づくりに専念。 その後何度も手紙を出し、家の近くを通るたびに訪問しましたが、関係づくりを優先させ、車の話は一切しませんでした。 半年ほど経ったある日、お客さまから「鷲見くん、プリウスってどうなの?」と突然の電話が!すぐに試乗車でお客さまの家に向かい、その後プリウスをご購入いただきました。 まさか買っていただけるとは思っていなかったので、日頃の努力が実を結び、とても嬉しかったです。 お客さまからは「最初、買うつもりは無かったけれど、鷲見くんは信頼できる人だと感じたから購入したよ」と言っていただきました。 今では僕の試合を見に来てくれて、先日は僕のプレーを撮影し、アルバムにしてプレゼントしてくれました。 自分の力でお客さまとの関係を築いていくことは正直ツライことが多いです。しかし、だからこそ結果に繋がった時の喜びは何倍にもなると僕は思います。

学生時代の経験が営業の仕事につながる

僕は話すことが大好きで、同期からも喋りすぎだとよく怒られるほどです(笑)。それで営業職を志望したのですが、小2から続けているバスケットボールで培った継続力の方が強みだと今では感じています。 営業はお客さまと良い関係を作ること、いわゆる仲良くなることが大切です。その方法の一つが何度もお会いすることですが、これが難しい。 たまには会いたくないこともあるわけです。そんなときにバスケットボールの練習を思い出します。ドリブルやシュートなどの地道な基礎練習、僕はあまり好きではないのですが、これをしないと試合には勝てません。 試合に勝ちたいという目標があるから練習も頑張れました。営業も同じです。営業は毎月の販売目標台数をクリアすることが目標ですが、実は僕たち営業スタッフは、その先のお客さまを見ています。僕が担当したお客さまには、良い車に乗ってもらいたい、ご家族で楽しい思い出を作ってもらいたいという想いがあります。 そのために良い提案をしよう、頑張ろうと思えるのです。数字を目指すことも大切ですが、お客さまのためにと思って常に仕事をしています。
札幌トヨペットには魅力ある車が沢山ありますが、それをいかに伝えるかも営業スタッフの腕の見せ所です。僕は、学生時代あまり勉強ができた方ではありませんし、車にも詳しくありませんでした。 けれど今は、商品知識をしっかりつけ、お客さまに自信を持って提案できるよう努力しています。車の知識が無くても、話すことが得意でなくても営業はできます。 少しでも人の役に立ちたいという気持ちがある方は、ぜひ札幌トヨペットの説明会に来てください。

札幌学院大学卒業
2017年入社 クルマックス琴似店 サービスグループ
アドバイザー 金子 愛

良いことばかりの夢のような会社は存在しない

アドバイザーという聞きなれない仕事に、最初はどんな仕事だろう?と疑問でした。 実際に働いてみると、点検整備の受付などご来店のお客さま対応を中心に、時には試乗をお勧めしたり、営業スタッフとエンジニアの橋渡しをしたりと、とても幅の広い仕事です。 元々、大学で人間科学を専攻しており、様々な人と接する仕事に就きたいと考えていましたので、今の仕事は私にピッタリだと感じています。
とはいえ、就活中は自動車に興味があったわけではありませんでした。どちらかと言うと「人と接する仕事」という視点で企業を選んでいました。 いくつもの会社の説明会に行きましたが、その中で札幌トヨペットは強みだけでなく、今後の自社の課題など、企業としては答えにくいネガティブな質問にも丁寧に答えてくれました。 私は良いことばかりの夢のような企業は存在しないと思っています。現実をしっかり教えてくれたことで、信頼できる会社だと感じ、入社を決めました。

ONとOFFをしっかり分けられる環境

休日はしっかり取れるので、メリハリをつけて仕事をすることができます。休みの日はゆっくり過ごす日もありますし、同期と遊びや食事に行くこともあります。 同期の仲が良いのも札幌トヨペットの特徴だと思います。私たちだけでなく、先輩方も同期ととても仲がいいんです。 プライベートな話もしますし、仕事の愚痴を言い合ったり(笑)、リフレッシュすることで翌日からの仕事も頑張ろうと思える大切な日ですね。 私はONとOFFをしっかり分けるタイプなので、札幌トヨペットの環境は合っていると感じています。

営業スタッフの一日

札幌トヨペットのある社員(2016年入社)の一日をご紹介します。札幌トヨペットの社員たちはどのような毎日を過ごしているのか。実際の職場の雰囲気を少しでもつかんでください。

  • 開店準備

    出社したら、店舗の清掃や展示車の洗車などの開店準備をはじめます。ショールームや駐車場だけでなく、お店の近くの道路なども交替で清掃しています。 お客様に、クルマ選びや試乗の時間を気持ちよく過ごしていただくための大切な準備です。


  • 全体朝礼・営業ミーティング

    開店準備のあとは、スタッフ全員で情報共有をするための全体朝礼に参加。営業・エンジニア・アドバイザーがうまく連携して仕事を進められるよう、各部署の連絡事項などを報告します。 営業ミーティングでは、営業スタッフ一人ひとりの当日の予定などを確認します。


  • 営業活動

    ショールームにご来店いただいたお客様の接客を行います。商談では、お客様のクルマの使い方やご要望などをお聞きして、ライフスタイルに合ったクルマをご提案します。
    また、電話で点検・車検のご案内などを行います。


  • 昼食休憩

    事務所内の休憩スペースや、お店の近くの飲食店などで昼食を取ります。また、情報誌を読んだり、ほかのスタッフとの雑談を楽しんだりも。 適度に息抜きをしたり、リラックスすることが、午後の仕事へのエネルギーにつながっています。


  • 営業活動

    午後からは、お客様のご自宅へ訪問。訪問の内容は、新車のご購入や買い替えなどの商談、整備が終わったクルマの返却、クルマの調子伺いなど、さまざま。 お客様の状況やご都合に合わせて、訪問のスケジュールを組み立てています。

  • 終業

    その日の営業活動の内容を日報に入力します。新規で来店いただいたお客様の情報、商談の状況、点検・車検の入庫予定などを記録。翌日のスケジュールを確認し、スムーズに仕事に取りかかれるように準備して退勤します。
    〜バスケットの練習へ向かいます。


働く環境とサポート制度

  1. サポート制度

    サポート制度詳細を見る〉

  2. 社内研修制度

    社内研修制度詳細を見る〉

  3. 資格取得への取り組み

    資格取得への取り組み詳細を見る〉