働く環境とサポート制度

  1. 働く環境

    働く環境詳細を見る 〉

  2. 数字でわかる札幌トヨペット

    数字でわかる札幌トヨペット詳細を見る 〉

  3. サポート制度

    サポート制度詳細を見る 〉

  4. 社内研修制度

    社内研修制度詳細を見る 〉

  5. 資格取得への取り組み

    資格取得への取り組み詳細を見る 〉

  6. 札幌トヨペット健康宣言

    札幌トヨペット健康宣言詳細を見る 〉

働く環境

地域に根差したサービス展開で、札幌エリア、室蘭エリアを中心に38店舗を展開しています。

札幌エリアの店舗 その他エリアの店舗
  • 待合ラウンジ待合ラウンジ
  • ショールームショールーム
  • サービス工場サービス工場

数字でわかる札幌トヨペット

DATA01 全体の男女比

※2018年10月現在

DATA02 2018年4月入社予定の内定者男女比

※2018年10月現在

DATA03 平均残業時間

タイヤ交換時期や、年度末である3月は残業が多くなります。
※2017年度実績

DATA04 同好会

同好会活動を通して、多くの社員がコミュニケーションをとってます。

DATA04 同好会
DATA05 採用試験受験時に自動車免許を持っていた割合

採用試験は自動車免許がなくても受験できます。
入社までにMTの自動車免許が必要になります。

DATA06 入社3年以内の離職率

全国の新卒者の卒業後3年以内離職率は31.9%
※2018年1月末現在

サポート制度

全従業員が、心地よく仕事に従事できる環境づくりに取り組んでいます。

福利厚⽣

  • 社内託児所

    提携保育園があり、その保育園に子供を預ける場合、保育料の補助があります。
  • 誕生日休暇

    社員全員、誕⽣⽇⽉に1⽇の休暇が付与されます。誕生日月であれば、どの日にちで取っても構いません。
  • 男性社員寮

    様々な地域出身の社員が安心して生活できるよう、5つのエリアに男性社員寮があります。
  • 社員食堂・昼食手当

    本社に社員食堂を完備。本社社員食堂が利用できない店舗の社員にも昼食手当の補助があります。

社内研修制度

新入社員研修や年次研修など、様々な研修を通じてステップアップができます。
また、新⼊社員⼀⼈ひとりに担当の先輩スタッフがつく職場先輩制度を通じて、スキルアップをサポートしています。

新入社員研修

入社後の新入社員研修では、仕事の基礎であるビジネスマナーや社会人としての心得から学んでいただきます。最初の1週間は全職種合同で、その後は職種ごとに分かれて専門研修を行います。


職場先輩制度

店舗配属後に始まるのが職場先輩制度。新入社員一人ひとりに対し、同じ職種の配属先の先輩が1年間フォローを行います。


トヨタ技術検定

サービススタッフの知識習得と技術向上のためのトヨタ独自の検定試験です。トヨタ自動車が認めるエンジニアの証となる資格で最短5年で1級を取得することができます。


トヨタ検定エスティメーション

事故などで車に傷や凹みなどができた場合の板金修理見積りを正確にとる為の資格です。アドバイザーは実務でも板金修理見積りを取ることも多く、仕事に直結する検定です。(講習は1・2級のみ)


社内技術コンクール

毎年、社内で行われるエンジニアの技術や知識を競う大会です。入社1年目の新入社員が出場する競技があります。


トヨペットカートグランプリ

1~2年目の全社員を対象に毎年社内で開催される大会です。既定のコースを走ったタイムや、ピット作業のスピードを競います。


資格取得への取り組み

更にステップアップするために 介助専門士講習
NPO法人日本介助専門員推進協会が認定する介助専門士の資格取得を進めています。
車いす介助の方法や手話・点字などの実技のほか、高齢化社会の現状やAEDの取り扱い方法などの講義を2日間受講し、試験を経て資格を取得します。当社では約150名の社員が、この資格を取得しています。

札幌トヨペット健康宣言

お客様のカーライフに貢献しサポートするには、社員自身が健康であることが不可欠であり、健康でなければ、お客様の信頼を得ることはできません。

当社は、会社の成長を支える社員と家族の心身の健康を重要な経営資源の一つと捉え、健康維持・増進活動に対する積極的な支援と組織的な健康づくりの推進によって、社員がいきいきと豊かで快適・健康な社会生活と経済の発展に貢献する会社を目指します。

札幌トヨペット株式会社
代表取締役社長沖田 俊弥

健康管理指針

  • 社員とその家族が元気で生活できるよう、健康づくりを支援します。
  • 社員一人ひとりが、いきいきと働くことができる職場をつくります。

健康管理の主な取り組み

【健康づくり】

  • 朝礼前のラジオ体操を実施
  • 健康増進イベント「健康インセンティブ」を実施
  • 消毒液の設置やマスクの配布
  • ストレスチェックの実施
  • インフルエンザ巡回予防接種の実施
  • 女性を対象とした乳がんセミナーの開催
  • 社員食堂のメニュー表にカロリー、塩分を表示
  • スポーツイベントを開催

【働きやすい職場づくり】

  • 過重労働防止の週に1回の早帰り運動「帰るべ!」デーの実施
  • 救命救急体制としてのAEDの設置

当社の健康課題と目標

【従業員の健康診断等の結果】

2018年度 2017年度
一般定期健康診断受診率 97.5% 97.6%
精密検査受診率 50.7% - *3
適正体重維持者率 64.1% 66.9%
喫煙率 45.8% 47.0%
運動習慣者比率 13.5% 14.1%
睡眠により十分な休養が取れている人の割合 60.8% 58.3%
血圧リスク者率 *1 0.6% 1.6%
血糖リスクと考えられる人の割合 *2 1.1% 1.4%
  • *1 収縮期血圧180mmHg以上または拡張期血圧110mmHg以上の人の割合
  • *2 空腹時血糖が200mg/dl以上の人の割合
  • *3 調査方法の変更によりデータ無し

【当社の健康に関する目標】

  • 一般健康診断受診率100%を目指す
  • 精密検査受診率100%を目指す
  • 喫煙率の減少

健康経営取組体制

健康経営取組体制の表

札幌トヨペットの健康経営に関する取り組みのご紹介

【健康に関する各種セミナーの開催】

健康に関する知識を深める為、各種セミナーを開催しています。社員自身が健康について考えるきっかけにもつながっています。

  • 睡眠障害セミナーの様子

  • 女性向けがんセミナーの様子

【運動イベント・コミュニケーションイベントの開催】

社員と家族が参加できる各種イベントの開催する事で、心身の健康づくりに取り組んでいます。

【同好会】

社員同士のコミュニケーションや運動機会の増加、心身のリフレッシュの為、多様な同好会があります。

【その他取り組み】

社員一人ひとりが健康づくりに関心を持てるよう、全社員が「健康づくり宣言」を行い、自ら決めた目標達成に向けて取り組んでいます。また、地域貢献活動の一環として、毎年6月~10月の間、月に1度地域の清掃活動を行っています。社員間のコミュニケーションにも役立っています。